<< ササボリズムextra気仙沼のいま、のこと | main | 6月の予定 >>

アンカーコーヒーのこと

 明日のササボリズムで出すコーヒーのこと
えーと。
まず、明日のササボはいつもと違います。
それはこちら。

カフェ・トホはいつもの自家製酵母手ごねパンとSWEETS
そして、気仙沼のアンカーコーヒーの珈琲をアフロカワウソがハンドドリップでいれます。
一晩寝かせたトロリとしたコクの冷たい珈琲もお楽しみいただけます。

私たちがこのイベントに参加するのに、
気仙沼の珈琲豆を探していました。
実際に未だ何も復興できていない状態の気仙沼に珈琲があるのか。
全くわからない中でたどりついたのがアンカーコーヒーでした。
http://www.anchor2fullsail.co.jp/
アンカーはいかりのこと。
気仙沼港で漁師が漁に出る前に飲むコーヒーとして親しまれていました。
津波で店舗と焙煎所が流され仮店舗で営業を始めたという記事を
ほぼ日で読みました。
http://www.1101.com/coffee/2012-03-22.html
ここの豆をわけてはもらえないだろうか。
おそるおそるメールを出しました。

代表の小野寺さんからていねいなお返事が来たのは先週のこと。

この度は、気仙沼の為にイベントを企画していただきましてありがとうございます。
正直気仙沼市内はまだまだ「被災中」です。私達の生活に日常は戻っていません。
「忘れられる」こと、時間と共に津波が遠い過去の出来事になること、それが私達には
大きな傷になっていくのだと実感しています。

と書かれていました。
震災以降気仙沼に思いを馳せども
現地に赴いたわけでもない私たちが、
このイベントに出店する意味があるのかどうか
悩んでいたところにこのメッセージが胸に詰まりました。
わたしたちがいまできること は『忘れないこと』でもあるのだと。

小さな東京の片隅の素性もわからない店からの無理な注文に
こころよくほぼ日コラボ企画の珈琲豆をご提供くださるというお返事。

明日はRIAS(リアス)という深煎りのブレンドを
お出しします。

パッケージがめちゃめちゃ素敵ですよ!
福田利之さんのデザインです。
マスキングテープで作られているんですって!

焙煎所も津波で流され、今は委託焙煎をしているとのことで、
豆の販売はあまりたくさんはできませんが、
お持ち帰りできる分もご用意しています。

前売りの予約はうちでも受け付けます。
03-3370-7700
hibari@cafetojo.com
お名前と枚数をお知らせください。
お待ちしております!

at 09:42, 酵母菌観察係, イベント

comments(1), trackbacks(0), - -

comment
半沢麻弥(みーのすけ), 2012/06/04 1:08 PM

こんにちは!

なんか、ステキなお店発見です。

気仙沼のコーヒー。是非飲んでみたいものです&#10069;
なかなか都内に行く機会はないけれど、被災地、被災者の為の一杯が復興の足がけになる事を願います。










trackback
url:http://blog.cafetojo.com/trackback/999809