トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< 11月のトロンボーン道場 / main / 今日、明日のこと >>
とんちピクルスの正気
10月は魔の月だ。
気候のせいももちろんある。
が、しかし。
私たちにとって10月というのは死者を思う月なのだ。
毎年10月は気をつけて過ごす。
死を意識して過ごす。
そして狂気へ陥らないようにやり過ごす。

今年は何かに集中していられるようにと思って10月に大きなイベントにでる決意をした。
二週連続イベントに参加することに。
私たちには少し荷が重すぎるかと思われるイベントでもあったが、
何かに集中することで自分たちの『気』をつなぎ止めておきたかった。

連日連夜仕込み仕込み怒濤の仕込み。
仕込みに明け暮れる。
確実に売れるということが目に見えている仕込みは気持ちが軽い。
しかし、野外イベントは天気に左右される。
これだけ仕込んでも雨ならば中止。
一気にすべてが損失に変わる。
やきもきしながらも晴れることを信じて仕込みを続ける。

毎日毎日自分たちを追い込みながら、
迫ってくる不安や焦燥と戦いながら、
誰かの命日になる度にその人のことを想いながら、

店ではえんえんと一枚のCDをかけ続けた。
他のCDをかける気にならない。
ひたすらそれを聴き続ける。


おかげでずっと正気を保ち続けられた。

ほんとうに。
今年10月に正気でいられたのは、
いつもとんちさんが私たちをいるべき場所へ引き戻してくれたからなのだ。

9月の末にうちでやってくれたライブは泣けた。
その余韻をそのままに、
とんちさんはずっと10月のcafe tojo(カフェ・トホ)に寄り添っていてくれた。


これは正気のアルバムです。










/ comments(0) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/999775
トラックバック