トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< LED電球にしてみた / main / セツデン中 >>
音でご飯を炊く
文化鍋

むむ。やだ、横向きのままで失礼します。

文化鍋です。
うかつでした。
もっとはやく、写真載せればよかった。
電気を使わずにご飯を炊くにはうってつけの鍋です。
私はこれで炊いたご飯が大好きです。
すばらしく美味しいです。 
そしておこげができます。
これまたたまりません。

私が育った家は文化鍋でご飯を炊いていました。
父が電気で炊いた飯が食えるか!という人だったので。
幼い頃からご飯だけは美味しく炊ける自信がありました。

土鍋でもご飯は美味しく炊けます。
厚手の鍋ならだいたい美味しいです。
ですのでこれじゃなくても問題ありません。


文化鍋のいいところは、音です。
音を聞いていると火加減がわかります。

私の炊き方は簡単です。
1. 鍋からはみ出ない強火にかける。
2. カタカタカタという音が止んでチリチリチリと言い始めたら極弱火で10分。
3. 火を止めて10分蒸らす。

これだけです。
あとはかき混ぜてまた蓋をしておきます。

私はおこげが好きなので、おこげを作るような炊き方をしています。
おこげ意外の部分をよそい終わったら(なるべくおこげぎりぎり分だけ残す)
お醤油を2周ほどたらしてかるくまぜ、
おにぎりにします。

このおこげのおにぎりは焼きおにぎりとはまた違って格別なのです。

ぜひおためしくださいませ。
また、文化鍋をご覧になりたいという方はご来店の際に一声おかけください。
うちで使っているのは直径16cmの2.5合炊きです。
ちいさなこだわり / comments(0) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/999741
トラックバック