トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< 本日ササボリズムに出店します / main / ただいまカワウソ中 >>
再びボルシチのこと
 今月からまた国産牛すね肉を探す旅に出ることにしました。

昨年6年おつきあいいただいたお肉やさんが閉店してから、
cafe tojoにちょうどいいお肉との出会いがなく、放浪してきました。
放浪中はお試し価格で。

11月あたりからこれなら!と思うところあって
12月よりまた通常価格に戻しました。

ところが、宮崎の口蹄疫があってからまた牛肉の流れが変わってきてしまいました。

うーん。どうしよう。うーん。

肉のランクが下がったのが確実にわかるので
お客様に申し訳なく思っていました。
そうなると自信を持ってボルシチをおすすめできません。

そこで、やはりまた旅に出ることにいたしました。
しばらくはボルシチのセットを2種類用意することにしました。

応援価格1000円で提供する、がんばれ『ハラショーset』と
幻の味を1200円で提供する、ご自慢のボルシチ『サブーロフset』です。
そのとき手に入ったお肉の状況で
いずれかがメニューに登場します。

旅に出ている間はハラショー!(ロシア語でフレーという意)
ここぞというときはサブーロフ。
毎週ボルシチの状況をtwitterでお知らせします。

お客様にはご不便かもしれませんがご理解いただきたく思います。
どうぞ、遠慮のないご感想をお伝え下さい。
よろしくお願いいたします。



で。今週は千葉産の牛すね肉でハラショーです!


ハラショーのときは平日のランチ価格900円でライ麦7(セブン)とsetになります。
ちいさなこだわり / comments(0) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/999735
トラックバック