<< クリスマスガトー予約受け付けます! | main | どうやら >>

堀真理子展 HORISANPO

horisanpo


堀真理子展 
『HORISANPO』


2010.12.17(Fri).....2011.01.17(Mon)

追記:延長して1月31日(月)まで開催いたします。(2011.01.12)

Fri....Sun  12:00 - 20:00
Mon......  12:00 - 15:00
※2011.01.10 (祝) 12:00 - 20:00
火水木と年末年始 12/28...1/6 はお休みです




ワークショップします

さんぽとか何か作るとかそんなかんじです

2010.12.19(Sun) 14:00 - 17:00
2011.01.09(Sun) 14:00 - 17:00
1500円 お菓子とドリンク付き
定員あり ご予約はkorimariho@me.comまで

1月前半にイベントも予定中

http://web.me.com/korimariho


----------------------------------


堀さんはうちのこどもたちの銭湯友達です。
うちにはお風呂が無いので毎日どこかの銭湯に行きます。
普段は大概笹塚や幡ヶ谷の歩いていける銭湯です。
1週間に1度だけ下高井戸の月見湯という銭湯に行きます。
その日はお酒を飲まない禁酒日なので、車に乗って温泉銭湯に行くのが習慣です。
月見湯は普通の銭湯ですが、お湯は天然温泉です。

桃花が1歳のころから通い始めたので、かれこれ6年のおつきあいになります。
ロビーが広いのでこどもたちはのびのびできます。
おかみさんも旦那さんもおおらかでこどもたちを目を細めて見守っていてくれます。
ここのお風呂やさんは男湯のほうが広いらしく
こどもたちは3歳くらいになるまでほとんど男湯を選んで入っていました。
「ママがいい〜」という歳頃になって女湯に入ることが多くなりました。
女湯に入っても私はほとんどほったらかし。
こどもたちは他のお客さんとお話をしながらゆっくりお風呂に入ります。

いつしかこどもたちとよく遊んでくれるおねえさんがあらわれました。
いつも『9』の文字のペンダントを下げているので
こどもたちは『9のおねえさん』と読んでいました。
そのお姉さんはぽわんぽわんとしたオーラがあって、
口調もゆっくりでおっとりしているのですが
妖精のようで妖怪のようでなんともいえない不思議な雰囲気がありました。
このひとはただものではないな、と漠然と感じていたのですが
こどもたちはおねえさんのことがどんどん好きになり、
月見湯に行くとおねえさんのことを探すようになりました。
彼女をみつけるとこどもたちは我先に遊んでもらおうと
さっさと身体を洗ってさっさと髪の毛を洗ってお姉さんの側に行き
とりあって喧嘩をしながらもずっと離れません。

昨年の今頃彼女はお店にやってきました。
月と桃の絵を持って。
その絵を観たときによっちゃんも私も「ビビビ!」ときたのです。
いつか店で個展をやってもらいたいとすこしづつ小突き始めました。
今年の夏彼女は2ヶ月パリに住む、と出かけて行きました。
こどもたちはその間
「ほりまりこさんきょうもいないね。まだかえってこないのかな」
とずっとつぶやいておりました。

帰国後お風呂に来た彼女の顔をみて、「今だ!」とビビビ!
「パリから帰ってきてその熱が冷めないうちにうちで個展をやりませんか?」
と声をかけました。
「ぜひ〜〜〜うれしいです〜」というおっとりした返事が返ってきました。
cafe tojo(カフェ・トホ)が彼女の絵で埋め尽くされるのを想像しただけで
私たちも幸せな気持ちになりました。

次のお風呂であったとき彼女は
「あの、トホさんで出たゴミをとっておいてほしいんです。
絵が描けそうな素材は捨てないでおいてください。」
と言いました。
なるほど。素敵!なんて素敵!

卵のケース、小麦粉の袋、トイレットペーパーの芯、
ビールの王冠、ヨーグルトの容器、イベントで使った硫酸紙、
試飲したけどあまり好みでなかった珈琲豆、ジャムの空き瓶、
ひびが入ったけど割れてはいないケーキフード、
こどもたちが食べたアイスクリームの容器と木のスプーン
などなどなどなど。

作品はそれらを使って作られています。
月之助と桃花が大好きなボウリング
ウルトラマン
そして出会った場所の銭湯
それらがキーワードとなった作品が続々と飾られていきます。

どこからどこまでがお店でどこからどこまでがホリマリコなのか!?
渾然一体となったトホホリワールドをお楽しみ下さい。

今回は年末年始休業をはさむ1ヶ月の展示です。
12月はクリスマス
1月はお正月
すこしづつ作品や展示方法も増やしたり変えたりしながらになりますので
会期中ぜひ何度か足を運んでみてください。

堀さんは赤穂市の出身だというので
おいしいお塩を届けていただきました。
そういえば昨日は赤穂浪士討ち入りの日でしたね。
期間中は
赤穂のお塩で料理やパンを仕込みます。
お楽しみに。

*12月18日(土)は17時半より予約で満席になっております。
展示をご覧いただくのとパンとSWEETSのお持ち帰りはできますが
カフェのご利用ができないことをご了承下さい。











at 20:00, 酵母菌観察係, イベント

comments(1), trackbacks(0), - -

comment
小川佳子, 2011/02/26 12:07 AM

突然すみません!以前tojoさんで堀さんにインタビューした者です。上記URLのページからこちらの「堀真理子展 HORISANPO」へリンクしたいと思っているのですが、その許可をいただければ嬉しいです。tojoさんと堀さんご縁、すごくすてきだなと思いました★










trackback
url:http://blog.cafetojo.com/trackback/999431