トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< 行きつけにしたいおいしいパン屋さん / main / 渡邉知樹展『往復する鳥』 >>
幻のボルシチ
店がオープンする前からずっとおつきあいいただいた精肉店上原商店が6月いっぱいで閉店しました。
笹塚で30数年。
私の記憶では上原商店は牛肉屋さんでした。
昔は精肉店にもいろいろあって、鶏肉、豚肉、牛肉とそれぞれ得意分野があって、
買う側も店を使い分けていました。
私が子供の頃は上原はちょっと高級牛肉屋さん。
国産の牛を扱っていてステーキやらすきやきやらしゃぶしゃぶやらを贅沢にしたいときに買いに行く。
普段の牛肉は別の店で買っていました。
豚肉はここ、鶏肉はここと使い分けていてお肉のどこの部分を買う時はここが安いだとかなんだとか。
スーパーで肉を買うなんて論外でした。
ここ20年の間に精肉店はみるみる減りました。
上原は当時後から参入してきたお肉屋さんでしたが、
最近ではここでしかお肉が買えない、というほど笹塚の顔になっていました。


店を始めるとき、どこでお肉を仕入れるか、
いろいろ精肉店に打診をし、お肉を買って試してみました。
その結果上原商店に決めたのです。
アメリカの牛は使いたくなかったからです。

私がボルシチスランプになった時、
上原のおじいちゃんにボルシチを持っていて食べてもらいました。

すると次の日、
「おたくは市販のブイヨンは使わないんだね。
野菜とお肉だけで味を出してる。こりゃあお肉の味が直接響く大事な部分だ。
毎回ってのはちょっと無理だけど、なるべくスネのいいところをとっといてあげるから毎週欲しい量をいっといて。
そのうちの2キロ分くらいはいいところを出してあげるよ。
ぐん、とボルシチの質があがるよ。」

涙が出そうになりました。
ほんとうにそのおかげでボルシチの味はぐっと品がよく美味しくなったのです。

一昨年あたりから
夏になるとおじいちゃんたちがつらそうに仕事をしているのをみて
もしも上原商店が無くなったら、
同じ値段で同じクオリティーのボルシチは出せなくなるなぁと考えてはいました。

まさに。
今その状況が店にのしかかっています。
うちの看板であるボルシチが同じクオリティーで出せない。
同じクオリティーで出すには値上げが必要なのです。
うーん。
悩む。悩む。悩む。
オージーはアメリカよりは安心かもしれないけどお肉がパサパサするし。
国産の牛を上原と同価格で出してくれる肉屋が無い。
うーん。
悩むまま2ヶ月が過ぎてしまいました。
いろいろお肉は試してみています。
しかしながらまだ納得がいきません。

お客様にはご迷惑をおかけしておりますが、
しばらくボルシチはお試し価格。
ランチ以外の時間帯も同価格でサブーロフsetを1000円にてお出しいたします。(ランチはハーブティー付き)
1000円も決して安い値段ではありませんが、野菜の高騰、牛肉の価格を考えるとここが限界です。
どうぞ遠慮のない感想をお伝え下さい。

ぶっちゃけですね。
安いお肉を使ってサブーロフsetを1000円で提供し続けるか、
納得がいくそれなりのお肉を使ってサブーロフsetをもともとの1200円よりも値上げするか、
選択はいずれかです。
うーん。
まだ決められなーーい!

というわけで、すみません。
しばらくの間いろいろな精肉店から仕入れた牛を使って試してみたいと思います。
よろしくおつきあいくださいませ。



上原商店が閉店する最後の日。
桃花はお手紙を書いておじいちゃんたちに手渡しました。
それからうちのお店が掲載された記事のコピーも。
ずっと覚えててほしいなぁって。

そして、桃花のボルシチの感想はなかなかシビアです。
上原のお肉のほうがおいしかった。
毎回そういわれ続けています。
「ボルシチのスープはおいしいけど、おにくのあじがちがーう!」とまで。
子供の舌は正直ですね。
毎回カウンターパンチをくらいます。
メニュー / comments(0) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/985888
トラックバック