トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< マルチーズロック本州上陸中 / main / ウクレレ雨やどり >>
【Mr.K】を使う
天然酵母のバナナブレッド3日がかりで作るバターケーキ

本日は【Mr.K】で焼きました。
【Mr.K】はビール酵母です。
この酵母は22度くらいで発酵ピークがきます。
よって、真夏はパンにできません。
発酵過多になってしまうからです。

ですが、
焼き菓子に使うのならば、少量ですぐに発酵してくれるのでありがたいです。
中種を仕込みそびれて、突然酵母の焼き菓子を焼きたくなったとき、
早朝に中種を仕込めば3〜4時間後には生地を作ることができます。

昨日は早朝に中種作り。
夕方にバターケーキの生地作り。
そして冷蔵発酵を一晩させて、本日焼き上げ。
というわけで、いつも3日かかるバターケーキですが
実は2日で仕上がりました。
すみません。
今日のはいうなれば『2日がかりで作るバターケーキ』です。 笑

とはいうものの、今日は涼しいのでいいのですが、
今日真夏日だったとしたら、確実に生地はだれます。
そう思うとちょっとした賭けです。
この酵母はなるべく低温で扱うのが原則で、常温は短時間を気遣わなくてはなりません。

乳酸菌がいないので酸味も少なく、
味も深いのでパンがおいしく焼けるに違いないのですが、
お店の営業をしながらだとうっかり、ということがあるので 
うっかりしても大丈夫な焼き菓子を焼いているというわけです。 

さて。
いつものとのお味の違いは・・・・
ぜひ確かめにいらしてくださいませ。


本日はお持ち帰りSWEETS満載でお待ちしております。           
自家製酵母 / comments(0) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/968345
トラックバック