トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< 酵母で作ったものが美味しい季節なのだ / main / 名前はまだ無い >>
昨日のつづき
昨日焼き上がった試作のバターケーキ。
もう今すぐにでも食べたいという欲求を抑え、
たっぷり梅酒を塗ってラップに包んで一晩寝かせました。

試作ケーキ

うーん。
いい香り!
ずっしり重たいです。
今回は食パンの1斤型で焼いたので総生地量1キロを流し込んで焼きました。
中のふわふわの生地を確かめたかったので大きな型で焼いたのです。
切り出してみると、やはりパンではなくバターケーキのようです。

試作ケーキ2


やわらかーい。
うまくいったみたーい。
おいしーーーーい。
口当たりは軽いのにお腹にしっかりたまるお菓子です。
なんだか、ヨーロッパのおばあちゃんが孫に、と焼いたようなケーキになりました。
発酵風味があるので、ベーキングパウダーを使ったバターケーキとはイメージがほど遠く。
パンのようでパンではない発酵菓子。
味わいが深いお菓子です。
時間をかけてゆっくり作ったこのお菓子。
この冬、うちの看板になったらいいなぁ。

もう少し試作を重ねます。

今日もコイケさん2号で干しあんずが入った生地をこねました。
明日、焼き上げます。

明日はおりしも満月。
下北沢の茄子おやじの誕生日でもありますし、
猫魔音で灰太郎君のライブもあります。
今回使った梅酒の果肉はこの間お土産に灰太郎君が持ってきてくれたものです。
差し入れして試食してもらおうと思います。

そうだ。
昨日は下高井戸nicetime cefeの8周年でした。
11月はいろいろと吉日がつづきます。

名前も考えなくちゃなー。
このケーキ。
うーん。これってケーキなのかなー。
うーんうーん。


自家製酵母 / comments(0) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/922887
トラックバック