トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< カンパラ食堂のこと / main / 食パン焼けてます! >>
ワッフル復活!&修行中
夏の間酸味が進むのでお休みしていたワッフルですが、今月より復活しています。

ただ今、ワッフルの焼き方を試行錯誤中。
ワッフルは家庭用電気ワッフルメーカーで焼いています。。
出来上がりになんの不満もないのですが、
数をこなしてくると、ワッフルメーカーの傷みが早いのが気になります。
まあ、業務用ではないので仕方ないのですが。

前々から考えていたのがガスで直火で焼く、ということです。

「こちとら江戸っ子でぃ!電気で焼いたタイヤキが食えるか!」
という気持ちから、ワッフルも直火で焼きたいと思っていました。
まぁ、あれですね。
職人さんがひとつひとつタイヤキを直火で焼いているのをみて憧れがあったわけです。
んで。
ワッフルも、と。

しかしながら、これがなかなか難しい。
うーん。
やっぱり職人技なんだな。直火は。

ホットケーキなんかは直火でフライパンで焼くより、ホットプレートで焼いた方がきれいに焼けるしなー。
とか。
ちょっと弱気になっています。


そんなときにうちの『もちもち酵母ワッフル』が雑誌に取り上げられました。

ecocolo (エココロ) 2009年 12月号 [雑誌]
ecocolo (エココロ) 2009年 12月号 [雑誌]
エスプレ

http://www.ecocolo.com/editorial/modules/pukiwiki/790.html

奇しくも酵母パンの特集ですが、
うちはP.105のECO SWEETS GUIDEというちっちゃなコラムに取り上げられています。

そもそも、酵母種が無駄にならないように考えだしたSWEETSなので、
それがECOじゃないか!ということで。

よかったら立ち読みしてくださいねー。


で。
ワッフルですが、結局まだ電気のワッフルメーカーで焼いています。
それについてはECOじゃないなーと。
ちょっと気がひけます。

もう少し修行を重ねていつの日か直火で焼いたワッフルがお届けできるようにがんばります。

今週は【コイケさん2号】のプレーンと【オツキサマ】のごまワッフルを用意しています。
お持ち帰りは【オツキサマ】のみですが。
店内ではどちらもお召し上がりいただけます。
   





書籍掲載情報 / comments(0) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/919801
トラックバック