トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< お店のこと少し / main / はじまりはじまり >>
パンのことちょっと
パンは手ごねで作っています。
これは店主よっちゃんのこだわりです。
機械でこねたパンのほうがふわふわのやわらかいパンになりますが、なんていうか、うーんと。
まぁいろいろが違うんです。
そもそもこねた人によってパンは歴然と違います。

人が作ったもの を感じて欲しいとよっちゃんはパンを手でこねています。
なので一度にこねられる量は少ないです。
そして毎日全く同じ、というわけにもいきません。
でもそれが本来の食べ物の姿なはず。

私はそれまで、色んなパンを食べても何のイマジネーションもわきませんでした。
ただ美味しいとパンをむしゃむしゃ食べるだけ。
ところが、よっちゃんのこねるパンを食べたとき、
このパンでこんなサンドイッチを作ったらおいしいに違いない、とか。
こんなスープとあわせたらおいしい組み合わせに違いない、とか。
今まで料理にも大した発想がもてなかったのにインスピレーションが沸いたのです。
そんな想像力をかきたてられるパンに出会ったのは初めてのことでした。
そもそも料理はちっとも得意ではありませんでした。
それが、こんなお客さまに召し上がっていただく料理を作るようになったのはよっちゃんの手ごねのパンと出会ったからなのです。


そんでもってそんな私がパンをこねるとどうなるかというと。
パンがとても堅くなってしまいます。
やわらかくふんわりしあがらない。
これも個性といえばそうですが、パンのおいしさでいうと1割も感じられないのでは?と思うほどです。
そのうち美味しくなるかと思って半年ほどがんばりましたが、いかんせんだめでした。
どうも私はパンをこねる才能が皆無のようです。
やはり私はよっちゃんが作るパンにあうお食事メニューを考えるのがよいということになって今に至ります。

というわけで、うちでは店主一人がひたすらもくもくとパンをこねております。
*cafe tojoのひみつ* / comments(0) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/858280
トラックバック