トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< めでたづくし / main / カワウソ通信瓦版編集長の作品展 >>
ニュー酵母
新年より新しい酵母を育て始めました。
クリスマス前に店の前に置かれていた柿のことを書きました。
http://blog.cafetojo.com/?eid=802292
その後、お隣からのいただきものだったことが発覚。
http://blog.cafetojo.com/?eid=802704
ご挨拶にうちのパンを持って伺いました。
すると、
「今年はたくさんなったんだけどとにかく甘くないのよ。」とのこと。
ふむ。
甘くないのかー。
「うちで、酵母を起こしてみようと思うのですが」とお話しすると、
「まだいっぱいあるのよー。もってってー。」とさらにたくさん柿をいただきました。
まずは、寒いところに少し置いておいた方がよいかと思って10日ほど置いたところ、柿はかなり甘くなっていました。
こどもたちも「おいしーい」といってたくさん食べました。
忘年会ではトホカリをこの柿を使って作りました。
小さいながら、実もしっかりしていて甘みが増しています。
それじゃあ、そろそろかなー。と年末から酵母を起こそうと考えていました。
年明けにさっそく、と思ったらすっかり柿は完熟していてとてもいい香りがしていました。
枝付きのものは枝振りが美しいので入り口に飾ることにして、残りの柿を使うことにしました。

そして、実はこの酵母の名前はもう決まっています。
次の酵母は【コ】がつく予定でした。
お隣にお住まいの方はなんと、『コイケ』さんとおっしゃるのです。
もう、これは運命としかいいようがありません。
というわけで、ニュー酵母の名前は『コイケさん』です。
以後おみしりおきを。
現在、2日目の様子です。
コイケさん1
こいけさん2
こいけさん3
かなり活発です。

ですので、今までの柿酵母『クララさん』の名前を少しだけ変えることにしました。
『クララ・イシバシさん』です。
なんだかクリスチャンになったみたいな感じですが。
お向かいの「イシバシ」さんからいただいた柿なので。
区別するためにそれぞれの名字をつけたほうがよかろうかと。
今年も『クララ・イシバシさん』と『コイケさん』ともどもどうぞよろしくお願いいたします。
自家製酵母 / comments(0) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/806068
トラックバック