トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< オツキサマ救出 / main / 雑誌に載りました >>
バターと卵を使わないクッキー
そもそもクッキーにバターを入れることにはあまり賛成ではありませんでした。
アフロカワウソよっちゃんはときどきバターやマーガリンが臭いと感じるといいます。
バターは風味がよくなるけれど、固いし、結局バターを入れる量を考えるとなんだかバターを食べるために作っているような気になってしまいます。
そう思ってマーガリンを使ってサクサク感を出そうとしたこともありました。
けれど、結局マーガリンは植物油をバターのようにするためにたくさんの添加物を使用しています。そんな必要はもしかしてないのでは?と思い始めてマーガリンの使用もやめました。
【カワウソ印】の『黒糖ピーナッツバタークッキー』はピーナツバターで作っています。
これは、友人の娘がアレルギーのために洋菓子が食べられないというので、卵とバターを使わないで作り始めました。
しかしこのクッキーはほろほろで崩れやすく長時間の持ち歩き、配送、などには適さないデリケートなクッキーなのです。
そこで、なんとか型抜きもできて、バターも卵も使わないおいしいクッキーが作れないものかと試行錯誤してきました。
型抜きできる固さにするとさくさく感が奪われがちでそこが悩みの種でした。
で。
そろそろお披露目をしようかと今週末から新しいクッキーを発売中です。
本日の母の日に合わせてミニギフトパッケージにて二種類のクッキーを混ぜています。
『きな粉の豆乳クッキー』と『チョコキャラメルメープルクッキー』です。

『きな粉の豆乳クッキー』は全粒粉が入った噛みごたえのある固めのクッキー。
 原材料:国産小麦全粒粉、薄力粉、きな粉、太白胡麻油、豆乳、きび砂糖、天然塩

『チョコキャラメルメープルクッキー』はさくさくした濃厚な味のクッキー。
 *こちらは自家製キャラメルクリームが入っていますので乳製品使用です。
原材料:国産小麦薄力粉、ココア、太白胡麻油、メープルシュガー、キャラメルクリーム、天然塩

どちらも甘さはほんのり。ちょっぴり塩が効いた大人の味です。
お試し下さい。

ちょこっとset130円
no butter no egg!
ちいさなこだわり / comments(2) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2008/05/12 9:05 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2008/05/13 11:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/749964
トラックバック