トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< ライ麦7(セブン)のサンドイッチ / main / ベーキングパウダーを使わずにお菓子を焼くということ2 >>
CURIO BOOKSのこと
cafe tojo(カフェ・トホ)店主・アフロカワウソの実家は群馬県高崎です。
娘がまだ生まれたばかりの頃、高崎に古い絵本を扱う店があると聞いて行ってみました。
それがCURIO BOOKS(キュリオ・ブックス)さんでした。
オーナーのトネギさんとのお話がついついはずんでしまいすっかり長居をしました。
トノギさんが東京にいらした時にうちの店にも立ち寄って下さいました。
先日、高崎に行ったときまた絵本をみせていただこうと思ったら移転していました。
なんとアフロカワウソの実家のほんとうにすぐ側になっていたのです。
そんな実家ご近所の縁ですが、素敵な絵本がいっぱいなのです。
表紙をみているだけでもわくわくします。

そのCURIO BOOKSさんの選んだ古い洋書絵本展が渋谷のパルコ・パート1で開催されています。
きっと素敵な絵本が満載だと思いますのでぜひ観に行ってみて下さい。

================================

『海の向こうのふる〜い絵本』展 -ヴィンテージ絵本の魅力- 
http://www.parco-art.com/web/logos/old-picturebook0804/index.php
会 場: LOGOS GALLERY ロゴスギャラリー
渋谷パルコ パート1 / B1
期 間: 2008年4月18日(金)−2008年4月30日(水)
※会期中無休 10:00am - 9:00pm
※最終日は5:00pmにて終了
入場料: 無料
お問合せ: 03-3496-1287(ロゴスギャラリー)
cafe tojo(カフェ・トホ)の周辺 / comments(0) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/743930
トラックバック