<< モーツァルトとバッハを聴く鶏が産んだ卵とシフォンケーキ | main | 味見 >>

夏みかん酵母4

さて
気になる夏みかん酵母の『オツキサマ』ですが、
一応毎日看板娘が世話をしています。
種のままの保存は出来ないので、”かけつぎ”という作業が毎日必要になります。
そうしないと酵母が死んでしまいます。
なかなか手間のかかる作業ですが、毎日これを手伝うという約束なのです。
なんだかんだと世話をさぼろうとするので
「じゃあ、『オツキサマ』はさよならするよ。」と脅すと、
「やだー!やるー!ももかがんばるー!」といって身支度をします。
オツキサマかけつぎ
これがかけつぎ↑
一目でわかるように『オツキサマ』専用のボウルを作ってあげたので、
これで培養していくわけです。
いつまでつづくかしら。
長生きして欲しいです。
========================

さてさて
そんな『オツキサマ』で先週末にパンを焼いてみました。
パンの種として酵母を培養して5日。
普通なら充分パンになる日にちです。

でも『オツキサマ』はもうひとつぐぐっとくる発酵をみせていないので、膨らみが悪いかもしれません。
まあ、やってみましょう。
ちょうど桃花も週末保育園は休みなので作業に専念できます。

というわけで、
種をまぜる

種を小麦粉とあわせ、

初パンこね1

パパも手伝ってもらって、桃花は小さめに。

初パンこね2

大きなのにも挑戦。

一次発酵に4時間程時間をとって、分割。
ちょっと生地をお休みさせたら成形。
今回は桃花のリクエストでクランベリーが入ったカンパーニュ風のパンを焼くことにしました。

で。
できたのがこれ。
クランベリーパン

ちょっと膨らみは悪いですが、立派なパンになりました。
中はずっしり重いです。
もう少し発酵が安定すればふかふかしたパンが焼けると思いますが、
味は抜群においしいです。
夏みかんの酸味と苦みがほのかにするのがさわやかです。
今までのうちの酵母たちとはまた違った味わい。
どうもハード系のパンになっていきそうです。
ワッフルとかお菓子にするのもいいかもしれません。

まずは、『オツキサマ』初パン大成功!ということで。
また今週も焼く予定です。
みなさまのお口に届けられるかもしれません。
お楽しみに!

そうそう。
元はこんな夏みかんだったのです。
本体の写真をおみせするのを忘れてました。
夏みかん2個

at 11:56, 酵母菌観察係, 看板娘のおすすめ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.cafetojo.com/trackback/718132