<< 卵のこと | main | 週末ケーキ >>

夏みかん酵母

夏みかん酵母

去年の年末に桃花が保育園から夏みかんを持ち帰った。
通園バッグがやたらと重いと思ったら3個入っていた。
保育園の園庭で採れたものだという。
夏みかんというが冬なので夏みかんという名が正しいのかはわからないが、今年は豊作だそうで子供たちに3〜4個ずつ配られたそうである。
ということは100個以上がなったということか!
すごーいすごーい。
固くて酸っぱそうだったので少しおいておいた。
4歳になったら桃花にひとつ酵母を育てさせようと思っていた。
3歳になる頃から本人は酵母の世話をしたがっていた。
これはちょうどいい。
保育園でなった夏みかんから酵母をとって桃花に世話をさせることにした。

12月31日
保存瓶を煮沸して、桃花が包丁で切った夏みかんを瓶に入れた。
酵母の餌には、オレンジの花のはちみつを桃花が選んだ。
後は水をいれて密閉しておく。
毎日瓶を1〜2回揺すって匂いと音を確認する。

1月3日
すでに4日が経とうとしているが、寒さのせいか発酵してこない。
呼吸をあまりしていないようだ。
少し水が濁ってきた。
瓶を振ってあけると「・・・しゅぽ」 と小さな音。
甘酸っぱいよい香りが広がる。
すこーし発酵してきてるかな。
でもエキスをしぼるのにはまだ早い。


本日から桃花姫は保育園に登園。
帰ってきてから瓶をゆすって匂いを嗅ぐのを楽しみにしている。
エキスを絞ったら桃花が酵母に名前をつけることにしている。

at 13:38, 酵母菌観察係, 看板娘のおすすめ

comments(2), trackbacks(0), - -

comment
たかはし, 2008/01/04 5:09 PM

すごーい。桃花ちゃん今から自由研究ぢゃん。
学校入ったら毎年いろんな酵母の日記がかけるね。φ( ..)

管理人, 2008/01/08 10:49 AM

たかはしさま>
やっとぷつぷつと泡が出てきました。
やっぱり寒いからですかね。
真冬に酵母を仕込むのは初めてなのでちょっとドキドキです。
自由研究!そうですね。
目に見えない菌の観察日記・・・。
サイバーですな・・・(笑)










trackback
url:http://blog.cafetojo.com/trackback/712676