トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< ライ麦9(ナイン) / main / エスプレッソマシンが!!!!!! >>
シフォンケーキ試作中
先週からシフォンケーキを試作中です。
よい卵がひとつみつかりました。
丈夫卵
これはとても素敵でした。
常温でも長く食べられる。
昔はそんなこと当たり前だった気がするんだけれど、いつの間にか卵の消費期限というのは短くなっちゃいましたよね。そんな当たり前が当たり前の卵なんですけども。
よっちゃんはシフォンケーキにベーキングパウダーを入れたくありません。
ベーキングパウダーを入れると膨らみも良いし、型抜けもよいのですが、生地が乾燥した感じになって、しかも苦みが出てしまいます。
繊細でしっとりしていて口溶けの良いシフォンケーキを作りたくてよっちゃんは白身がしっかりとした卵を探し続けています。メレンゲの力だけでふんわり膨らませたいからです。
これがなかなかいい出会いがありません。どれも黄身のこだわりは強いのですが白身がだらーんとしている卵が多いのです。
桃花を産んだ時にお世話になった助産師さんのご主人が北海道で養鶏をやっているのですが、そちらの卵はとても素敵でした。
しかし、北海道では海を渡るので送料も手間もかかりすぎてしまいます。
そこで東京近郊でおいしい卵を探しているのです。
しっかり膨らむようになっても、型抜けがうまくできないと見た目が美しくありません。
そこにこだわるよっちゃんは型抜けが失敗する度に、レシピやオーブンの温度や焼き時間を変えて試行錯誤してきました。
まだまだ実験中です。
シフォンケーキはバターを使わずに植物性の油を、牛乳を使わずに水を使うのでカロリーの少ないヘルシーなケーキに仕上がります。
完成の兆しが見えているのは生のオレンジを丸ごと使ったオレンジのシフォンケーキ、ココアパウダーとミントリキュールを使ったチョコミントのシフォンケーキ。
というわけで、先週から私の朝ご飯もおやつも夜食もシフォンケーキ。
問題は型抜けなので、(といっても9割がた美しいと私は思う。)味は何の問題も無く、ほんとうにおいしいのです。
私にとっては幸せな試食の日々なのです。
みなさまに味わっていただける日もそう遠くはないはずです。
もうしばらくお待ち下さい!

卵はまだ探しています。
みなさまが食べておいしい!と思った卵を是非教えて下さい。
実験中 / comments(2) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/06/11 9:14 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/06/12 7:29 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/491385
トラックバック