トホるるる

世界の果てにあるcafé tojo(カフェ・トホ)の日々をお伝えするブログです。
日々の細やかなお知らせはfacebook又はtwitterでチェックしてください。パンの焼き上がり、メニュー、イベント情報がいち早くゲットできます!
instagramは忘れがち。
いずれも@cafetojoで。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
LION MERRY 別冊うかたま 子どもを守る 自然な手当て 2013年 07月号 [雑誌] サンタイガー U lalala veggy (ベジィ)Vol.27 2013年 04月号 [雑誌] ウォーカームック   東京・横浜の人気パン屋店 本当においしいとっておきパン屋さん 61804‐48 (ウォーカームック 344) cafe-sweets (カフェ-スイーツ) vol.141 (柴田書店MOOK) フリルスローン 朝のステーキ Cafe.mag (カフェマグ) 2012年 03月号 [雑誌] おいしいパン屋さん 首都圏版 (ぴあMOOK) 行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020) tokyoにじいろカフェ 東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん クロワッサン特別編集 ビオ vol.9 (マガジンハウスムック) カフェをはじめる人の本―自分らしいお店のつくり方おしえます Fictional World Lullaby 新築を超えるリフォーム (No.3) メディスン・ホイール?シャーマンの処方箋
<< 山梨石和・甲府 / main / ライ麦9(ナイン) >>
りんご果汁のこと
うちでお出ししているりんご果汁は長野小野果樹園というところでつくられたものです。
無農薬で大事に育てたりんごをまるごと絞ったストレート果汁です。
私も今までよく知らなかったのですが、農薬を使わないでりんごを育てるというのは大変なことなのだそうです。甘みが強い果樹には虫がつきやすいのでりんごは普通なら20回、減農薬でも7〜8回は農薬をかけているそうです。ちょっとびっくり。
店をオープンするにあたって何か果物のジュースをと思っていたのですが、なかなか納得いくものに出会えませんでした。濃縮還元ではなく、香料も使っていないものというのはほんとうに限られています。
ジュースはできれば、ストレート果汁で葡萄かりんご、と思っていました。
そんなとき、大黒柱よっちゃんの長野に住む友人が「何か欲しいものないか?」と声をかけてくれたのです。
「長野の特産物って何?」と訊くと、
「りんごかな〜。」
「じゃあ、無農薬でストレートのりんごジュース探して欲しい!」と言ったところ、
「難しいなあ。でもあるよな。きっと。探してみるよ」と本当に探し出してきてくれたのです。

このりんご果汁は送られて来る度に色も味も違います。
りんごが違うのだから当たり前なのですが、そんな当たり前が当たり前として行われていることに感激しました。
ああ。そしてこの香りと味の濃さ。
ほんとうにりんごをすりおろして飲んでいるみたいなのです。
これだ!私たちが欲しかったのは!

というわけで、りんご果汁おすすめです。
今お出ししているのは酸味が少なくて甘みの強いピンク色がかった果汁です。
りんご果汁に泡立てた牛乳を合わせた”あわあわりんごミルク”も是非お試し下さい。


ちいさなこだわり / comments(0) / trackbacks(0) / 酵母菌観察係 /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cafetojo.com/trackback/480821
トラックバック