別冊うかたま こどもを守る自然な手当て

ご縁があってtojoファミリーがモデルになりました!
楽健法という足で踏むヨガです。
撮影は2月でしたので、
モニカは臨月。
月之助くらいのこどもが中心で、ということでしたが
桃花が筋がいい、と和尚様にほめられ、せっせと踏み役に。
アフロカワウソもモニカもインフルエンザの病み上がりだったので、
鼠蹊部のリンパが滞ることイチジルシク。
もう悶絶しそうなほど和尚様にふまれて痛かったのですが、
翌日にはすっきり。なんだか視界が明るくなって軽やかな気分になっていました。
最初恥ずかしがっていた月も和尚様に踏んでもらったら気持ちよかったらしく、
踏んで欲しくてぐずるほど。
これは手でやるマッサージよりもはるかに楽に効果が得られるものだと思いました。
以来、桃が私の太ももを踏み続けてくれています。
安産だったのはそのおかげかも?!

楽健寺では天然酵母のパンも焼いています。
楽健寺酵母でご存知の方も多いのでは。
お寺の和尚様がパンを焼いてヨガ?と最初は思いましたが
考えてみれば仏教ももともとはインドから。
なるほどー、と思いながらこれはちょっと続けたい療法です。
簡単に始められるので、ぜひやってみてくださいね。

この同じ号にtojo一家が敬愛する鍼灸師の長谷川先生の記事が掲載されています。
これは必読!!p.86
まさに、これさえ知っていれば!という短いながらも大きな内容。

お子さんがいない方にもぜひぜひおすすめしたい自然療法が一同に会しています!
ぜひ手に取ってみてくださいませね。

6月5日発売です!

at 20:55, 酵母菌観察係, 書籍掲載情報

comments(0), trackbacks(0), - -

cafe tojoのパンが掲載されました!

 ライ麦7(セブン)と食パンが取り上げられました!
京王線沿線のパンとして載ってます!
ずいぶんもりだくさんの内容で、クーポンもついていたりなんかして。
今ならコンビニでも書店でも販売されています。
1年間店頭に並ぶらしいので、
パン好きの方はぜひいろんなパン屋さんに足を運んでみてくださいませ。

at 06:39, 酵母菌観察係, 書籍掲載情報

comments(0), trackbacks(0), - -

veggy(ベジィ)vol.27 2013年 04月号

 3月9日発売の『veggy』に掲載されました!
発酵特集です!
うちはヴェジではありませんが、
自家製天然酵母のパンということでp.55に載っています。

いろんな発酵食品や酒蔵などものっていて興味深い特集でした。
ぜひ書店でご覧くださいませ〜。

at 17:27, 酵母菌観察係, 書籍掲載情報

comments(0), trackbacks(0), - -

パンがおいしいベーカリーカフェ

 掲載されました!
みなさま、書店で手に取ってみてくださいませね〜。
笹塚にお住まいの方、紀伊国屋書店には何冊か置いてありましたですよ!

パンをとりあげていただけるなんでありがたい限りです。

ですが、残念ながら8月は休業して畑におりますので、
秋になってパンが美味しい季節になったらぜひお越し下さい。
白州のエネルギー満載の酵母菌たちでパンがさらにおいしくなっているのでは?
と期待をこめて!!


at 07:16, 酵母菌観察係, 書籍掲載情報

comments(0), trackbacks(0), - -

cafe.mag3月号に掲載されました

グラフィス
¥ 980
(2012-01-16)
コメント:掲載されました!

 

このような雑誌の『パンがおいしいカフェが好き』という特集に掲載されました。
大きい本屋さんで立ち読みしてくださいまし。
パン好きの方は必見です!

at 23:44, 酵母菌観察係, 書籍掲載情報

comments(0), trackbacks(0), - -

行きつけにしたいおいしいパン屋さん

行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020)
行きつけにしたいおいしいパン屋 (エイムック 2020)
エイ出版社


先月の終わりに発売されたパン特集にcafe tojo(カフェ・トホ)が載っています。
パン好きの方にはたまらない1冊です。
うちはなごみのベーカリーカフェというところにくくられています。(P.101)

パン好きのお客様にうかがったら、去年から今年にかけて世田谷区は新しいパン屋さんがたくさんオープンしたそうで、そんな新しい店をかなり網羅している本だそうです。
今、空前のパンブームといわれているんだそうですね。
そこまでとは知りませんでした。(笑)

本屋さんで見かけたら手に取ってみてくださいねー。



at 10:02, 酵母菌観察係, 書籍掲載情報

comments(0), trackbacks(0), - -

またまた出ました

なんだか空前のパンブームとか言われているらしいですが、
気がついたらその波に巻き込まれているみたいです。(笑)
今回もパンが掲載されました。

東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん
東京 わざわざ行きたいおいしいパン屋さん


こうして考えてみると自家製天然酵母を育て始めて5年。
ようやく自分たちのパンが焼けるようになってきました。
助産院で長女を生まなければこの出会いはなかったと思うと感慨深いものがあります。
自家製天然酵母のパンが取り上げていただけるのは本当に嬉しい限りです。

今までなかなかできないでいたのですが、
歴代酵母菌のことを思い出しつつ、
過去のカワウソ通信を全てブログにアップしました。
全部読むのは大変すぎるので、だいたい酵母菌のことが書いてあるあたりをまとめてみました。

オープン以前
http://melma.cafetojo.com/?cid=55955

その後の天然酵母のゆくえ
http://melma.cafetojo.com/?cid=19893

おひまなとき、読んでみてください。

at 10:49, 酵母菌観察係, 書籍掲載情報

comments(0), trackbacks(0), - -

ワッフル復活!&修行中

夏の間酸味が進むのでお休みしていたワッフルですが、今月より復活しています。

ただ今、ワッフルの焼き方を試行錯誤中。
ワッフルは家庭用電気ワッフルメーカーで焼いています。。
出来上がりになんの不満もないのですが、
数をこなしてくると、ワッフルメーカーの傷みが早いのが気になります。
まあ、業務用ではないので仕方ないのですが。

前々から考えていたのがガスで直火で焼く、ということです。

「こちとら江戸っ子でぃ!電気で焼いたタイヤキが食えるか!」
という気持ちから、ワッフルも直火で焼きたいと思っていました。
まぁ、あれですね。
職人さんがひとつひとつタイヤキを直火で焼いているのをみて憧れがあったわけです。
んで。
ワッフルも、と。

しかしながら、これがなかなか難しい。
うーん。
やっぱり職人技なんだな。直火は。

ホットケーキなんかは直火でフライパンで焼くより、ホットプレートで焼いた方がきれいに焼けるしなー。
とか。
ちょっと弱気になっています。


そんなときにうちの『もちもち酵母ワッフル』が雑誌に取り上げられました。

ecocolo (エココロ) 2009年 12月号 [雑誌]
ecocolo (エココロ) 2009年 12月号 [雑誌]
エスプレ

http://www.ecocolo.com/editorial/modules/pukiwiki/790.html

奇しくも酵母パンの特集ですが、
うちはP.105のECO SWEETS GUIDEというちっちゃなコラムに取り上げられています。

そもそも、酵母種が無駄にならないように考えだしたSWEETSなので、
それがECOじゃないか!ということで。

よかったら立ち読みしてくださいねー。


で。
ワッフルですが、結局まだ電気のワッフルメーカーで焼いています。
それについてはECOじゃないなーと。
ちょっと気がひけます。

もう少し修行を重ねていつの日か直火で焼いたワッフルがお届けできるようにがんばります。

今週は【コイケさん2号】のプレーンと【オツキサマ】のごまワッフルを用意しています。
お持ち帰りは【オツキサマ】のみですが。
店内ではどちらもお召し上がりいただけます。
   





at 15:20, 酵母菌観察係, 書籍掲載情報

comments(0), trackbacks(0), - -

本日発売です!

クロワッサン特別編集 ビオ vol.9
クロワッサン特別編集 ビオ vol.9
マガジンハウス

店の取材というよりも、
暮らしぶりの取材だったので、
うちは看板娘と息子がフューチャーされています。
実は表紙でパンをこねているのは桃花です。
本屋さんでみつけたら立ち読みしてくださーい。



ここでもちょっとだけ立ち読みできます。↓

http://magazineworld.jp/books/8577/

立ち読み をクリックして
2ページめくると・・・

at 17:03, 酵母菌観察係, 書籍掲載情報

comments(2), trackbacks(0), - -

マクロビオティックというわけではないのだ

ビオ vol.8―からだにほんとうにいい暮らし (マガジンハウスムック)
マガジンハウス

クロワッサンの『ビオ』というMOOKに【カワウソ印】のパンが載りました。
だいぶ前に発売になっていたのですが、ここでお知らせするのを忘れておりました。

渡辺有子さん のおすすめ朝ご飯の素材に当店のパンが紹介されています。


実は、彼女は店主よっちゃんの古い友人なのです。
こういう繋がりはなんていうか、照れ恥ずかしくも嬉しいものであります。


彼女の話はまた今度ゆっくり。
続きを読む >>

at 15:56, 酵母菌観察係, 書籍掲載情報

comments(0), trackbacks(0), - -